GMO WIMAXのキャッシュバック特典で失敗しない入会方法

GMOのWiMAX 2+のキャッシュバック特典は?

今やモバイル通信の主流はWiMAXです。

 

しかも、WiMAX 2+が登場して、
モバイル最強となっています。

 

GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円

 

速度は下り最大110Mbps!

 

動画でもなんでもOK!

 

まだWiMAX 2+のエリアになってない都市でも、
従来のWiMAXは使えますし。

 

2015年3月までに、すべてWiMAX 2+に切り替わる予定です。

 

今からモバイル通信を導入するなら、
WiMAX 2+以外考えられません。

 

どうせ契約するなら、おトクな特典が欲しいですね。

 

今や、端末無料は当然ですが、

 

GMOは入会金も無料です。(他社はほとんどが有料)

 

そして、何といってもキャッシュバック!
他社と比較するとGMOが一番高額でした。

 

最大 22,700円

 

期間限定のキャンペーンなのでお急ぎください。

 

WEB限定キャンペーン公式サイトはこちら

GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円

 



 

 

参考サイト

GMO WIMAXキャッシュバック特典で入会前のチェックポイント

 

 

 

 

 

以下の内容は過去のキャンペーンです。
現行とは異なります。
ご参考までに掲載していることをご了承ください。

GMO WIMAXのキャッシュバック特典で失敗しないために!

GMO WIMAXのキャッシュバック特典には1年契約と2年契約の二つのコースがあるのはご存知でしょうか?

 

コースによって、合計のキャッシュバック金額が違ってきます。

 

1年契約、いわゆる1年縛りの場合は、
6ヶ月までの継続利用で、12,000円のキャッシュバック!
これで、1年継続して更新月に解約すれば、違約金16,380円は発生しません。

 

そのまま継続して、23ヶ月経過すると、更に10,000円のキャッシュバック!

 

これで合計22,000円のキャッシュバックになります。

 

 

2年契約、いわゆる2年縛りの場合は、
24ヶ月の継続利用で、30,000円のキャッシュバック!

 

2年間の継続利用が条件なので、途中解約は16,380円が発生します。

 

1年でWIMAXルーター機器を新しいのに変更したいなど、
1年で解約するのなら、GMO WIMAXの1年契約コースがオススメ!

GMOとくとくBB いちねん契約+キャッシュバックキャンペーン

 

最初から、2年間利用するのなら、GMO WIMAXの2年契約コースがオススメ!

GMOとくとくBB WiMAX30,000円キャッシュバックキャンペーン

 

 

WIMAX利用するに当たって知っておきたい豆知識

お手軽手続きのWiMAXの基地局についてはMNOであるUQWiMAX社が設置しているわけで、いわゆるMVNO各社は本家のUQWiMax社から借りているということなのです。このような理由で、どの会社と契約した場合でも電波状況や通信速度は同じなのです。

何年か前までは、利用できるエリアの狭さというものが便利とはいえWiMAXの致命的な欠点であるといわれていましたが、今頃では「エリア全力宣言」を掲げる業者も多く、利用可能エリア拡大活動に最も力を入れているらしい。

やはりモバイル回線は使う環境ごとで速度がまちまちなので、WiMAXに変更したところ回線速度が5〜6Mを切るような状態では慣れるまでの間は少なからず接続速度に不満を感じてしまうこともあるかも。

お手軽なWiMAXの回線速度であっても実務上はストレスを感じることはないのですが、光接続による1Gbpsもの回線スピードは別物ですね。その速さを未体験の方であれば、WiMAXを利用していてもストレスはきっと感じることが少ないでしょう。

ときどき「Wi-Fi」と「無線LAN」の2つについて混同してしまっている事がありますが、Wi-Fiっていうのは違う無線LAN対応機器についてのデータのやり取りの互換性が可能である為の呼び方というだけです。


便利なWIMAXを利用してネット接続していただくためにはWiMax専用のデータ端末機器の準備が必要です。"通常大体10000〜20000円"程度です。いくらかは割引販売している業者だってあるんですが、

結局WiMaxはUQコミュニケーションズの所有する設備を借りて利用しているわけですから、どこのプロバイダを選んで契約しても基本的に回線のスピードは違わないのです。しかし通信のスピードというのは周りの状況にとても影響されてしまいます。

実はWiMAXは、障害となる遮蔽物とかノイズに影響が大きいという欠点があるわけです。コンクリート製の建物の中や、地下だと、電波が影響を受けてしまって届かず回線のスピードが非常に下がります。

エリアが広いWIMAXを利用した場合の通信品質はどこの会社であっても何も違いはありません。だけれども、申し込んだMVNOによって月額料金とかオプションサービス、新規契約申し込みの際のキャッシュバック特典などといった点がそれぞれ違うのです。

それぞれのプロバイダによって少しずつは開きがあるんですが、早いときには、申し込みをしたら、ルーターが最短だとその日のうちに発送開始され、、翌日には手元に届いて便利なWIMAXが利用できるものもあるんです。


要するにWi-Fiのみでネット接続する端末だって、光ポータブルも併せて持ち運べば、一般的な3G回線(携帯の電波)を拾えるエリアであればネット接続がすぐに可能ということです。

いろいろなメーカーから発売されているWiMAXのルーター選びについては、結局最後には深く考えずに好みで端末に決めてもいいんです。どの端末も一般的な環境で使用する場合にはそれほどの差がでるわけじゃないので心配ありません。

便利な高速回線が利用できない都市部でない地域だと、スマホによるテザリングはネットへの接続速度が遅く、特に速い動きの画像が途切れてしまったり、ダウンロードの完了までに結構時間を要するのです。

ご自宅にパソコンが1台だけなのであれば通信に使っているモデムから直接LANをPCに接続すればOKだけど、2台以上ある家庭とかオフィスの場合は、そうではなくて、LANを分岐しなければならないのです。

PS3ではもちろん無線接続も可能なんですが、WiMAX用のルーターの中には用意されているクレードルに有線LANを接続することができるタイプも売られているので今接続されているLANケーブルを取り替えていただければかまいません。